« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月22日 (水)

グラウンド整備

 一年間お世話になったグラウンドを親子でリフレッシュしました

来年もいいスタートが切れますよに、選手も父兄も一緒に汗を流し、グラウンドに感謝の御礼です。

早朝より、皆さんたいへんお世話になりました

今年も残りわずかです、やり残したが無いように・・・

Img_0059_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

大自然

 野球もオフシーズンになり、冬季トレーニングの季節になりました。

この時期の練習の成果で夏が見えてくる

さて、そんな中ブログネタ的にも厳しい季節ですね

先日、長野に出張に行く途中の休憩。。。

忙しさや疲れ、厳しさを癒してくれるお気に入りの場所です。

Img_0038_2

グラウンドでは、こんな大自然のゆとりを忘れていたような気がする。

目標に向かって全力投球するのも大事だが、時には大空を見上げる余裕も必要だね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

小学校持久走大会

先週雨天延期となった小学校の持久走大会が開催されました。

イーグルスの選手たちも各学年共に大健闘で上位入賞者が続出でした。
日頃の練習の成果が小学校の行事でも発揮されるのは、うれしいですね。

来年も頑張ろう

Img_0082_2 Img_0096_2

Img_0109_2 Img_0121_2

Img_0147_2 Img_0153_2

Img_0157_2 Img_0133_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

九峰&堤ケ岡練習試合

まずは、デビュー報告

今年の練習試合最終戦、球審ローテーションに新たなメンバーが加わりました。
試合展開もスムーズで見事なジャッジで試合を仕切ることができました。

そしてまた、親子のコミュニケーションが生まれる

Img_0049_2 Img_0030_2

練習試合の方は、九峰スターズさんと堤ケ岡ストークスさんとのダブルでした。
両チームともに大変お世話になりました。

試合経過は、なかなか思い通りに進まない展開もありましたが、何とか2勝することができ今年の最終戦を終えました。

これからの冬は、体力作りの季節です。
春以降の試合につながるトレーニングをこなし、心身ともにひと回り大きくなりたいですね

Img_0044_2 Img_0051_2

Img_0068_2 Img_0069_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

シルクトーナメント準々決勝戦

 強風の土曜日、シルクトーナメント準々決勝戦が開催されました。
対戦相手は、昨年の初戦に引き続き東山TwinRaysさんでした。

今年最後の公式戦ということもあり、来年につながるような試合展開をと楽しみにしておりました。
そして、試合の方ですが、強風で寒い中選手たちは、集中力を切らさずに快勝してくれ、まずは、目標としていたベスト4となり来年の準決勝戦進出となりました。

準決勝戦は、3月赤堀野球スポーツ少年団さんとです。
春の選抜に出場する県内最大規模のマンモスチームですが、楽しみにしていますので、よろしくお願い致します。

この試合、ようやく切り込み隊長に当たりが出てきました。
先週までの我慢のバッティングと好守からの繋がりと思います。

さて、この写真

Img_0001_2_3
思い通りのバッティングが出来たときの笑顔
野球を頑張ってきて良かったと感じる瞬間でしょう。
ただ、その影で流した涙は計り知れない。
ただ練習で泣いた分、試合で笑える
そう、練習は、うそをつなない。

そうやって、神様は人を成長させる。そして、大人になって
会長の存在を忘れても少年野球に感謝する日がくるでしょう

Img_0008_2_3

昨年、泣いた分1年で大きく成長した感無量の塁上である。
それは、チーム事情による選手層により昨年経験できたことが活きていますね。
チームは、最高学年の人数でなく、経験の差が大きいですね。

これもめぐり合わせ 先輩たちとの経験が活きています。

Img_0011_2_3たとえ、ボールでも見逃し方が大切である。
最後までから目を離さない。
簡単そうですができない選手が多い中、良くできています。
その結果が試合に出て活躍してくれましたね。

そう、自分の役割を各人ができるようになれば、強いチームになれるのだ・・・みんなで頑張ろう

Img_0028_2
イーグルスも羽ばたけ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »